2016.06.23

メンタルを鍛えたドゥラメンテ。宝塚記念を勝って「世界制覇」へ

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu   村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

特集:宝塚記念 打倒!ドゥラメンテ(4)

 現役最強を証明すべく、”真打ち”ドゥラメンテが久々に国内の大レースに出走する。昨年の皐月賞、日本ダービーを圧倒的な走りで制して二冠を達成。秋こそ故障で棒に振ったが、復帰初戦の中山記念(2月28日/中山・芝1800m)は久々の実戦と距離不足を懸念されながらも、ひとまくりで圧勝。古馬になってさらにパワーアップした印象を与えた。初の海外遠征となったドバイシーマクラシック(3月26日/UAEメイダン・芝2410m)はポストポンドの2着に敗れたが、レース前の落鉄の影響や、馬場適性、さらに「出走していれば、昨年の凱旋門賞馬だったかもしれない」ともされる強敵を相手にしての走りは、「負けてなお強し」を十分に印象づけるものだった。

二冠馬ドゥラメンテ、宝塚記念で国内最強を示せるか

 当然、宝塚記念に駒を進めるとなれば、ファン投票でも1位となりそうなもの。ところが、フタを開けてみれば、1位のキタサンブラックの半数にも満たない票しか集められず、屈辱的ともいえる6位の評価。それは宝塚記念に向けての不安の表れなのだろうか、それとも、ファンの支持と馬券上の人気は別ということだろうか。

「管理しているのがメディアへあまり出てこない堀厩舎ですから、人気投票ではそういう結果になってしまうんでしょうね。一方で、ファンが実力を認めつつも不安を感じるというのも頷けます」