2016.05.23

最強世代の「最終番付」。ダービー馬に最も近い馬がハッキリ見えた

  • text by Sportiva
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

2016年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牡馬編:最終版)

 3歳馬の頂点を決する、日本ダービー(5月29日/東京・芝2400m)の開催が迫ってきた。

 最終的に"飛車角落ち"となった牝馬戦線とは対照的に、牡馬戦線の有力各馬は順調そのもの。皐月賞馬のディーマジェスティをはじめ、皐月賞(4月17日/中山・芝2000m)の前まで「3強」と称されたマカヒキ、サトノダイヤモンド、リオンディーズも、大一番に向けて万全の準備を整えている。

皐月賞では2着も、最速の上がりタイムをマークしたマカヒキ また、ダービーへの最終切符をかけた3つのトライアル&前哨戦が行なわれ、GII青葉賞(4月30日/東京・芝2400m)ではヴァンキッシュランが、プリンシパルS(5月7日/東京・芝2000m)ではアジュールローズが、そしてGII京都新聞杯(5月7日/京都・芝2200m)ではスマートオーディンが勝ち名乗り。それぞれ、皐月賞の上位勢に挑戦状を叩きつけるだけの、好内容のレースを披露した。

 これまでの評判どおり、競馬界最高峰の舞台は「史上まれに見るハイレベルな争い」となりそうだ。

 今回は、これらの結果と経過を踏まえて、ダービーの行方を占う『Sportivaオリジナル番付()』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、日本ダービーを目指す3歳牡馬の、現時点における実力を分析しランキング付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。