2015.09.25

【競馬】プロが断言! この秋に狙える「オススメの一頭」

  • 土屋真光●構成 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

 GI戦線に向けて、白熱した前哨戦が行なわれている秋競馬。これまでに実績を積み重ねてきた有力各馬が、本番に向けて次々に始動し始めている。そんな中、いまだ世間に知れ渡っていない"隠れたスター候補"もいる。そこで、日々現場取材を重ねる競馬記者5人に、この秋オススメの"イチオシ馬"を教えてもらった。

野口 誠氏(勝馬)推奨
サンライズセンス(牡3歳/父グラスワンダー)
戦績:7戦2勝、2着3回、着外2回
「500万条件のあずさ賞(4月26日/京都・芝2400m)を勝ったあと、そのまま続戦してトライアルを使えば、日本ダービー(5月31日/東京・芝2400m)に出走できるチャンスがあったと思います。しかしそこで無理をせず、秋に備えてしっかりと休ませました。その点に、好印象を受けました。

 また、そのあずさ賞は、今年の京都・芝2400mで行なわれたレース(11競走)の中で、最速タイムを記録。とてもハイレベルでした。しかも、サンライズセンスは自ら動いていって、後半4ハロン(800m)ではすべてのハロンを11秒台でまとめています。ポテンシャルが高い証拠です。

 休み明けの前走、1000万条件の信濃川特別(8月23日/新潟・芝2000m)では5着に敗れましたが、それはスタートでつまずいて、リズムに乗れなかったことが原因。まったくの参考外です。次走の予定は、神戸新聞杯(9月27日/阪神・芝2400m)。その結果次第では、本番の菊花賞(10月25日/京都・芝3000m)でも面白い存在になるはずです」