2015.09.14

【競馬】デビュー間近。ファン期待の「お嬢様」ラベンダーヴァレイ

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

厳選!2歳馬情報局(2015年版)
第16回:ラベンダーヴァレイ

 現役時代に活躍した名馬が、引退後に父や母となって、活躍馬を輩出することは珍しくない。片や、現役時代に際立った活躍ができなかった馬でも、父や母となってから名馬を輩出することがある。まさにそれは"競馬の不思議"であり、醍醐味と言えるだろう。

 そんな"競馬の不思議"を体現する繁殖牝馬がいる。クロウキャニオン(牝/父フレンチデピュティ)だ。

 クロウキャニオンは、2004年9月にデビュー。2005年6月まで現役としてレースに参戦していたが、その間に挙げた白星は、わずかにひとつ。決して満足いくほどの活躍は見せられなかった。

 だが、引退して繁殖牝馬となると、一転して脚光を浴びることとなった。彼女の産んだ子が、目覚ましい活躍を見せたのである。

 クロウキャニオンの子は、これまでに6頭がデビューし、すでに2頭が重賞ウィナーとなっている。その一頭は、2008年生まれのボレアス(牡7歳/父ディープインパクト)。同馬は、2011年のGIIIレパードS(新潟・ダート1800m)で重賞制覇を遂げた。さらに、地方交流GIのジャパンダートダービー(大井・ダート2000m)でも2着に入るなど、ダート戦線で能力を見せている。

 もう一頭の重賞ウィナーは、2010年生まれのカミノタサハラ(牡/父ディープインパクト)。こちらは、2013年のGII弥生賞(中山・芝2000m)を制して、一躍クラシック候補に名乗りを挙げた。そして、クラシック本番となったGI皐月賞(中山・芝2000m)でも、4着と奮闘した。