2015.04.08

【競馬】桜花賞に挑む「3頭の無敗馬」。一番強いのはどの馬か

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 村田利之●撮影 photo by Murata Toshiyuki

4月特集 春競馬、クライマックス(3)

 今年の3歳春のクラシック()は、牝馬、牡馬ともに有力馬がズラリとそろっているが、とりわけ牝馬は過去に例がないほど、ハイレベルな状況となっている。3戦無敗の重賞勝ち馬が4頭もいるのだ。
※牝馬戦線=桜花賞(4月12日/阪神・芝1600m)、オークス(5月24日/東京・芝2400m)。牡馬戦線=皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)、ダービー(5月31日/東京・芝2400m)

クイーンCを制し、3戦3勝で桜花賞に挑むキャットコイン。 そのうち、フラワーC(3月21日/中山・芝1800m)の勝ち馬アルビアーノ(牝3歳/父ハーランスホリデイ)は、桜花賞を回避。NHKマイルC(5月10日/東京・芝1600m)に向かうようだが、その他の3頭、きさらぎ賞(2月8日/京都・芝1800m)を制したルージュバック(牝3歳/父マンハッタンカフェ)、クイーンC(2月14日/東京・芝1600m)の覇者キャットコイン(牝3歳/父ステイゴールド)、フィリーズレビュー(3月15日/阪神・芝1400m)を勝ったクイーンズリング(牝3歳/父マンハッタンカフェ)は、いずれも桜花賞に出走予定。初の直接対決で雌雄を決することになる。

 桜花賞における無敗馬の対決と言えば、5戦無敗のイソノルーブル(1番人気5着)と3戦無敗のシスタートウショウ(4番人気1着)が激突した1991年、3戦無敗同士のダンスインザムード(1番人気1着)とムーヴオブサンデー(3番人気4着)が頂点を争った2004年を思い出す。興味深いのは、いずれの年も両雄がそろって崩れたことはなく、2頭のうちどちらかが勝利していること。つまり、今年も注目すべきは、3頭の無敗馬による争い。その戦いを制した馬が、栄冠を手にすると考えていいのではないだろうか。

 そこで、この”三つ巴”の戦いを専門家たちはどう見ているのか。どの馬が先着すると予想しているのか、聞いてみた。