2012.10.26

【競馬】岩田康誠「今年は必ずリーディングジョッキーになる」

  • 新山藍朗●取材・構成 text by Niiyama Airo
  • photo by Nikkan sports

今年はすでにGI5勝と好調の岩田騎手。秋華賞ではジェンティルドンナに「牝馬三冠」をもたらした岩田康誠インタビュー(2)

秋華賞でジェンティルドンナを『牝馬三冠(桜花賞、オークス、秋華賞)』に導いた岩田康誠騎手。菊花賞ではディープブリランテがレース直前に回避することとなったが、これからのGI戦線でも有力馬に騎乗予定で一層の活躍が期待されている。さらに白熱するリーディングジョッキー争いでも2位と好位置をキープする彼に、今季好調な要因と今後の目標を聞いた。

――秋華賞、菊花賞と3歳のGIが終わり、今週からはいよいよ古馬トップレベルが中心のGI戦線が始まります。昨年はブエナビスタとのコンビでジャパンカップを勝ちましたが、今年、楽しみにしている古馬はいますか?

「さすがにブエナ級の馬にはそうそう巡り会えません。それでも今年は、古馬戦線自体が混戦ムードですから、どの馬に乗せていただいても、チャンスはあると思って騎乗したいと思います」

――最近の秋競馬には、必ず海外から何人かのトップジョッキーがやって来ます。多くの有力馬が彼らに回ってしまうこともあるかと思いますが、そうした状況をどうとらえていますか?

「外国人騎手に限らず、乗り替わりになることは珍しいことではありません。そこには、乗り替えられるだけの理由があるはずなんです。もしあなたが馬主だったら、より上手い騎手に乗ってほしいと思いますよね? それは当たり前のことだと思います。だから、乗り替わりになって、『取られた』と文句を言ったり、恨んだりするのはおかしい。もし取られたと思ったならば、次は取られないように自分ががんばればいいんです」

――やはり外国人ジョッキーは上手いですか?

「今年の夏、ダービー馬のディープブリランテ(牡3歳)で英国GIのキングジョージ6世&クイーンエリザベスSに挑戦したとき、馬だけでなく、自分も『まだまだやなぁ』と思いましたから。彼らは本当に上手いし、レースを見ているだけでも勉強になりました。そういう意味では、日本の騎手みんなが彼らから学んで、ひとりひとりが少しずつレベルアップしていければ、全体のレベルがグンッと上がると思います。だから、『外国人が来たから俺の乗る馬がなくなった』なんて愚痴は言ってほしくない。そんなことを言う前に、もっと学んで、自分を高めていけばいいんです」