2019.07.25

【木村和久連載】多彩なマニアが存在。
ゴルフはラウンドだけにあらず

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 さすがにそれは無理だとしても、知り合いを頼って、自らが行けないコースのグッズを持って帰ってくるように依頼したり、同じマニア同士でグッズを交換したり、そういうのが楽しいのでしょう。

 あと、有名コースにはオリジナルグッズが売っているため、「ポロシャツ&キャップマニア」とかもいますね。

アマチュアゴルファーの中には、いろんなマニアがいるんですね... その他、「ルールマニア」「(ゴルフ場の)お風呂マニア」とか、どのコースのレストランにも必ずカレーはあるので、「レストランのカレーマニア」とかもいます。ほんと、調べればキリがありません。

 アマチュアゴルファーって、長い人生のなかでのスコアの変動って、だいたい70台後半から110ぐらいまででしょう。そこで、一喜一憂するのもいいですが、いつしか飽きますし、腕前のピークというものがありますからね。何かしらの"マニア道"に邁進するのもありかな、と。

 個人的には、地方でゴルフに行く時の、「夜の19番ホールマニア」ですかね。別にネオン街がなくても、麻雀をやるか、カラオケをやるか、地元の自慢の食事を味わうとか、それでいいんです。それが、最近「楽しい」と思う年齢になりました。

 ゴルフにおいては、サブ的な趣味やマニアチックなテイストを持っていると、ゴルフ人生の幅が広がる――そんな気がしますね。

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『教えて! 100切り先生』好評発売中!
詳細はこちら>>

関連記事