2018.10.12

【木村和久連載】素晴らしき
「レシプロ」ライフを送るためには?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 というわけで、共通会員権というシステムは、ひと頃の輝きを失っているのかもしれません。実際、『太平洋クラブ』は、会社更生法の適用を受けていますからね。ちなみに現在は”ホワイトナイト”の登場によって、再び活気を取り戻しているようです。

 一番いいのは、友人がどこぞの名門クラブのメンバーで、そこにお呼ばれするのが楽です。すなわち”ひとりレシプロ”を実践すれば、非常に楽しい名門クラブ巡りができます。

 とはいえ、名門ゴルフ場を気軽にリクエストして、本当に大丈夫なのだろうか?

 これが案外、大歓迎されます。お金持ち目線で言えば、名門コースの会員になったのはいいけど、ゲストだと平日でも2万5000円ぐらいするプレー代にビビって、知り合いを誘っても敬遠する人が多い、と嘆いているのです。

 名門コースのメンバーは、さりげなくクラブライフを自慢したいし、知り合いと気軽にラウンドしたかったのもあって、まさしく桂文枝の「ビジターさん、いらっしゃ~い!」という心境です。

 そこで、”ひとりレシプロ”の達人としては、「素敵なコースですねぇ~」「一生の思い出になりましたぁ~」と言って、メンバーさんを持ち上げてあげる。さすれば、メンバーさんも気分がよくなって、「ドリンク、どんどん飲んで」「昼飯、おごっちゃおうかなぁ~」なんて、言ってしまいがちです。

 一方、庶民コースのメンバーさんに頼んでラウンドをリクエストしますと、一応歓迎してくれますけど、愚痴が多いです。

「最近、年会費が上がってさ、5万円だよ。年10回、土日に来ないと元取れないじゃん」とか、ぼやくことしきり。昼休みになると、「ビジターはいいよなぁ、ランチがついて4980円だろ。こっちは、食事なしで4980円だからな。あぁ~、ビジターになりたい」などと嘆きまくります。

 やはり、お値打ちなのは、ネットで予約して、ささっと2サムでプレーしたほうがよさそうですね。

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『ヘボの流儀~叩いても楽しいゴルフの極意』好評発売中
詳細はこちら>

◆試行錯誤しながら日本で奮闘中。美人プロ、セキ・ユウティンの挑戦>>

◆懐疑的だった無名コーチの登用。それでもタイガー・ウッズは復活した>>

関連記事