2018.03.30

【木村和久連載】どうして最近、
若いキャディーさんが増えているのか?

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第148回

 ここ最近、ゴルフ場に行くと、若いキャディーさんを見かけることが多くて、びっくりしています。

 こんなに若くて綺麗なキャディーさんが、指名代も払わずに半日相手をしてくれるなんて、本当にいいのでしょうか。高級キャバクラに半日もいたら、10万円くらい平気でかかりますよ。それが、わずかなキャディーフィーで堪能できるなんて、夢のようです……。

 とまあ、だいぶ自分に都合よく解釈しましたが、確かに若い子がいろいろとゴルフの面倒を見てくれるだけで、すごく楽しいものです。

 それにしても、なんでキャディーさんが若返ったのか、今回はその謎に迫りつつ、話を進めていきたいと思います。

 直近で若いキャディーさんを見かけたのは、東京の名門コースでした。と、その前に、キャディーさんの現状について話をしましょう。

 実はバブル崩壊以降、キャディーさんの数は減少傾向にあります。昔からコースで働いていたキャディーさんも定年を迎えるなどして、徐々に減ってしまいました。

 ところが、あまりにも減りすぎたので、経営が順調なコースはキャディーさんを補充しなければなりません。そこで、せっかくなら新入社員として若い女性キャディーを雇おう、ということになって、ちらほら若いキャディーさんを見かけるようになったのです。

 振り返れば、ゴルフ場はバブル崩壊から、リーマンショック、東日本大震災と、さまざまなことが起こって大変でした。こういう試練を乗り越えて営業を続けているコースは、もう経営的には大丈夫という判断があり、人材の新規採用に踏み切るケースが多いのです。