2016.07.29

ステンソン、デイ、松山英樹。
全米プロ制覇へV候補が悩む「難敵」

  • text by Reiko Takekawa/PGA TOUR JAPAN
  • photo by PGA TOUR

WEEKLY TOUR REPORT
米ツアー・トピックス


 今季のメジャー最終戦、全米プロ選手権(7月28日~31日)がニュージャージー州のバルタスロールGCで開催されている。

 例年4大メジャーは4月のマスターズから8月の全米プロまで、およそ5カ月の間に行なわれ、各大会の間隔は少なくとも1カ月はある。それが今年は、リオデジャネイロ五輪でゴルフ競技が112年ぶりに復活。これを受けて、スケジュールがかなり圧縮された。

 特に今回の全米プロは、全英オープン(7月14日~17日)からわずか2週間後の開催。このタイトなスケジュールが勝負の行方にどう影響するのか、興味深いところだ。

 全米プロがバルタスロールGCで行なわれるのは、2005年大会以来となる。そのときは、フィル・ミケルソン(46歳/アメリカ)が最終ホールで劇的なバーディーを奪って優勝。メジャー2勝目を挙げている。

 今年のセッティングは距離が長く、全長7428ヤード(パー70)。しかも開幕週の月曜日の夜、豪雨に見舞われて大量の水が流れ込んだコースはすっかり柔らかくなった。火曜日の練習ラウンドでは、フェアウェーでもほとんどランが出ず、長いコースがさらに長くなった印象だ。

 そのうえ、気温35度を記録するほどの暑さ。湿気と熱波も相当なもので、選手たちは連日汗だくになりながら調整している。この暑さは大会初日まで続き、金曜日からは雷雨の予報も出ている。気候とコースコンディションにどう対応するかも、上位進出へのひとつのファクターとなりそうだ。