2016.04.16

【内藤雄士ゴルフレッスン】アドレスは前に倒れるくらいの前傾姿勢で!

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato   中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi

白石 体って、前に倒れるくらい倒すんですね。

内藤 そうです。理想は足の拇指球に重心が乗る体勢です。かかと側に体重が残っていると、お尻を落としたような構えになってしまいます。これでは体のスムーズな回転は生まれません。特に非力な女性はお尻を落として、かかと側に体重がかかるアドレスになりやすいので注意してください。

白石 前傾が作れたら、そこでクラブを握ればいいということですか。

内藤 その通りです。前傾した状態から、腕をダランと脱力させます。そこがグリップ位置です。鏡などでチェックしてもらいたいのは、アドレスを後ろから見て、肩から真下にラインを引いたときに、その延長線上に拇指球があるかどうかということです。この形はドライバーでもアイアンでも、すべて同じです。

●正しいアドレスの[作り方]

1.股関節を支点に上体を前傾させる。背中にクラブなど棒状のものをあてて、背中を真っ直ぐに伸ばす。
  
2.膝を曲げないように足を伸ばしたまま上体を前傾させていく。