2022.07.22

レヴァンドフスキは移籍で「絶対的エース」になれるのか。バルサの復権への問題点

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by AFP/AFLO

 バイエルン・ミュンヘンで数々の栄光に浴したポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、FCバルセロナへ移籍することが発表された。移籍金は4500万ユーロ(約63億円)+出来高500万ユーロ(約7億円)。本人のバイエルン退団の意思が強かったことで、バルサ側が要求した「移籍金5000万ユーロ」の一線を守る形で契約を結んだ。

 では、レヴァンドフスキ獲得でバルサは覇権を取り戻せるのか?

「レヴァンドフスキは(今年で)34歳になるが意気軒昂で、活躍が見込める。バルサ首脳陣もそう確信して獲得したのだろう」

 バルサがドリームチームと崇められた時代のOBフリスト・ストイチコフは高齢への不安を一掃している。

 昨シーズンもレヴァンドフスキはバイエルンで35得点を記録し、ブンデスリーガ得点王に輝いた。チャンピオンズリーグでも10試合で13得点を叩き出し、ゴールランク2位。カリム・ベンゼマと双璧をなす欧州最高のストライカーだ。

 2、3年後の確証はないが、少なくとも新シーズンに向けての戦力補強としては文句なしだろう。昨シーズン、バルサはチャンスを作りながらも決められない展開も多く、フィニッシャーを求めていた。少なくとも、クロスをゴールに結びつけられるFWとしてレンタルバックしたオランダ代表FWルーク・デ・ヨングの後釜としては、補って余りある戦力だ。

長い交渉の末、バルセロナへの移籍が決まったロベルト・レヴァンドフスキ長い交渉の末、バルセロナへの移籍が決まったロベルト・レヴァンドフスキ この記事に関連する写真を見る  一方、「レヴァンドフスキはペナルティエリアのストライカーで、バルサの流動的なシステムに適応できるのか?」と不安視する声は少なくない。

 これについては、クラブ関係者が「多様性」と説明しているように、トップはピエール=エメリク・オーバメヤンとの"入れ替え制"になるのではないか。

 7月19日に行なわれたアメリカ遠征でのインテル・マイアミ戦。MLS中位のチームを相手にバルサは0-6で大勝したが、先発したオーバメヤンはバルサFWの模範のようなプレーを見せている。先制点は右から入ってきたラフィーニャのパスを引き出し、エリア内で受けると、GKとの1対1を冷静に浮かして決めた。また3点目は、ニコ・ゴンサレスに近づいて縦パスを足元に引き出すと、ダイレクトでラフィーニャに落とした。そこから背後に走り込んだアンス・ファティへパスが出て、ファティが豪快な右足ボレーを叩き込んだ。