2021.04.24

メッシ得意の崩しのパターン。らしさが凝縮されていたファインゴール

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

サッカーIQラボ 〜勝負を決めるワンプレー~

Question
リターンを受けたメッシは、このあとどのようにして突破したか

 コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝のビルバオ対バルセロナが行なわれ、バルセロナが4-0で優勝。歴代最多を更新する31回目の栄冠に輝いた。

 ここ最近のバルセロナは、パリ・サンジェルマンとのチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦で敗退し、ラ・リーガではレアル・マドリードとのエル・クラシコに敗れ、シーズン2連敗を喫するなど大きな敗戦がつづいていた。

 さらに昨年は12年ぶりに無冠に終わり、2季連続無冠は許されないというプレッシャーのなか、ロナルド・クーマン監督体制1年目で初タイトルを獲得した。

 バルセロナは前半からチャンスをつくったものの、シュートがポストに嫌われるなど0-0で折り返した。後半になると15分にフレンキ―・デ・ヨングのクロスからアントワーヌ・グリーズマンが先制。直後の18分にはジョルディ・アルバのクロスにデ・ヨングがヘディングで追加点と畳み掛けた。

 その後、リオネル・メッシが2点を追加し、終わってみれば4-0のゴールラッシュとなった。

 注目は3点目のメッシのゴールだ。

デ・ヨングとのパス交換で、サイドから中へ入ったメッシは、このあとどうしたかデ・ヨングとのパス交換で、サイドから中へ入ったメッシは、このあとどうしたか  メッシが自陣から右サイドをドリブルで持ち上がり、前にいたデ・ヨングへボールを預け、中へ進入した。そしてデ・ヨングからの折り返しをもらったメッシは、このあとどのようにして突破していったか。