2020.11.15

浮気・不倫・略奪のオンパレード。
女性トラブルで名を馳せた3人の悪童

  • 井川洋一●取材・文 text by Igawa Yoichi
  • photo by AFLO

悪童フットボーラー伝説(2)

 子どもたちに夢や希望を与えるプロサッカー選手は、世界中から尊敬の眼差しを向けられる存在だ。しかし、サッカー選手も聖人君子ばかりではない。様々なトラブルを起こすフットボーラーを、ファンは親しみを込めてこう呼ぶ。「悪童」。世間を騒がせてきた悪童たちを紹介する今コラム、第2回は女性トラブルで話題をかっさらったこの3人だ。

イカルディ(左)の握手を完全に無視するマキシ・ロペス(右) 今からおよそ10年前、国を代表するフットボーラーの女性スキャンダルが巻き起こった。

 イングランド代表のウェイン・ブリッジと別れたばかりの元恋人ヴァネッサ・ペロンセルが、同代表の主将を務めていたジョン・テリーを自宅に何度も招き、深い仲になったとする記事をタブロイド紙が報じ始めた。

 マンチェスター・シティ所属のブリッジは、チェルシー時代にテリーと同僚で、代表でもチームメイト。ブリッジとペロンセルとの間には、当時3歳の息子がいた。

 英国の悪名高きタブロイド紙にとって、これは格好のネタ。さっそく事実の裏づけのない憶測が流布されるようになった。

 テリー側は即座に動き、これに関する報道の差し止めを求めて裁判を起こした。だが、言論の自由に反すると判断され、差し止めは却下されてしまう。テリーもペロンセルも「情事と言われるようなことはしていない」と強く否定したが、それ以降もタブロイド紙の醜悪な報道には拍車がかかっていった。

 とくに、ペロンセルに関する報道はひどかった。「フットボーラーのグルーピー」「金目当ての元ランジェリーモデルのあばずれ」などのレッテルが貼られ、自宅を特定できるサテライト写真や地図まで掲載された。

 さらには、噂に基づく過去の男性遍歴や、両親の離婚、父親の自殺といったプライバシーに関わることまで報じられていった。むろん、常に自宅は記者たちに囲まれ、ドアのブザーは鳴りっぱなしだったという。

 いずれにせよ、この件によってブリッジは代表から引退し、テリーは代表主将の任を解かれている。そして2010年2月、プレミアリーグのチェルシー対マンチェスター・C戦の前に、かの有名なシーンが起きた。