2020.08.27

皇帝もホレたバイエルン監督の仕事力。人生経験豊富で選手の心もわしづかみ

  • 鈴木達朗●文 text by Suzuki Tatsuro
  • photo by Getty Images

バイエルン・フリック監督が示した新戦術とは? はこちら>>

 8月23日の夜、2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)の幕が下りた。リスボンのエスタディオ・ダ・ルスでは、トリプル(3冠)を達成したバイエルンの選手たちが喜びあうなか、相手ベンチに向かうハンス=ディーター・フリック監督の姿があった。

CL優勝後、コーチングスタッフらと写真に収まるフリック監督(写真左から3番目) 最後まで苦しめられた強敵パリ・サンジェルマンの監督やスタッフ、そしてピッチ上で涙を流すネイマールをはじめとする選手ひとりひとりに、ねぎらいの声をかける様子が見られた。

 優勝トロフィーが掲げられ、選手や監督の記念撮影が始まると、フリックはコーチングスタッフ全員を呼び、一緒に写真に収まった。チームとしての成功を強調するフリックらしいワンシーンだ。

 試合後の記者会見でも、決勝点を挙げたキングスレイ・コマン、ビッグセーブで完封に貢献したマヌエル・ノイアー、得点王となったロベルト・レバンドフスキへの質問が飛ぶなか、「私にとって肝心なのはチームであって、選手個人を持ち上げることではない」と前置きしたうえで、慎重に各記者の質問に答えていた。

 若手ながらリーダーのひとりとしてチームを牽引するヨシュア・キミッヒは、「フリック監督は、人間性の面でもすばらしい。彼にとっては、選手は試合のシステムに使うための駒ではなく、選手を人間として見ている。選手やスタッフたちは、それに気づいている」と話す。

 フリックの下、センターバックとして主軸の地位を確立したダビド・アラバは、「監督は、いつでも話しかけられるように準備してくれている。彼は、とてもポジティブにチームを率いられるタイプなんだ。僕も、これまで見たことのないやり方でね」と評価する。

 そして、クラブ生え抜きで、バイエルンの浮沈を左右する存在のトーマス・ミュラーは、「フリックは、ずっとすばらしい人物でありつづけていた。彼は、しっかり考えたうえで、ものごとを話していた。バイエルンの監督としてふさわしい能力があるかどうかは、わからなかったけどね」と振り返る。