2020.05.18

いつ、どこへ走るか。エムバペは自分の
スピードの活用法を知っている

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

サッカーIQラボ
〜勝負を決めるワンプレー~

Question
エムバペは、ディ・マリアにパスが渡ったあと、どうプレーしたか?

 サッカー界の次世代のスーパースターの筆頭がキリアン・エムバペであることに、もはや異論はないだろう。現在21歳。すでにワールドカップ優勝を経験し、クラブでもモナコで1度、パリ・サンジェルマンで3度のリーグ優勝。その中でベストイレブン3回、得点王2回、年間最優秀選手賞1回受賞するなど、個人タイトル数も同世代の中では突出している。

 ティエリ・アンリを輩出した育成組織の名門・クレールフォンテーヌ国立研究所出身のエムバペは、2013年にモナコに加入。2015-16シーズンにトップデビューを果たした。以来、類稀なスピードとドリブル、両足を巧みに操るシュートスキルを武器に、多くのタイトル獲得に貢献してきた。

 今季のエムバペも得点王の活躍でチームにリーグタイトルをもたらし、その存在感は熟練したストライカーの風格さえ漂わせている。第19節アミアン戦でもその異彩を放った。

右サイドのディ・マリアにロングボールが入った。次の局面でエムバペはどんなプレーをしたのか 後半20分、右サイドにいたアンヘル・ディ・マリアが、左サイドからロングパスを受けた。それを見たエムバペはどうしただろうか。