2020.03.14

南野拓実はミスを犯したGKのもとへ。
仲間への気遣いに心が洗われた

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by AFLO

 昨季チャンピオンズリーグ覇者、リバプールがCL決勝トーナメント1回戦で姿を消した----。

 3月11日に行なわれたリバプール対アトレティコ・マドリードの決勝トーナメント1回戦の第2レグで、リバプールは2−3で敗れた。

南野拓実は4人目の交代選手としてピッチに入った 試合は90分間で2試合合計スコアが1−1となり、延長戦に突入。その延長戦でリバプールは1点を挙げたが、その後に3点を奪われた。結果、2試合合計スコアが2−4となり、リバプールの敗退が決まった。CL連覇の夢はベスト16で潰えた。

 リバプールは2月の上旬〜中旬にかけて取ったウィンターブレイク明けから、なかなかコンディションが上がってこなかった。

 しかし、今回の一戦は休暇明けからちょうど1カ月が経つタイミングで行なわれ、冬季休暇からピークをこの試合に持ってきたかのように、リバプールの選手たちはエネルギッシュかつ鋭いプレーを見せた。試合に敗れはしたが、休暇明けの試合では、選手の動きは一番よかったように思う。