2019.04.23

ガムシャラより「落ち着け」。
武藤嘉紀が吉田麻也から受けた助言の真意

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke
  • photo by Getty Images

 ふたりの日本人選手にとって、4月20日に行なわれたニューカッスル・ユナイテッド対サウサプトン戦は厳しい試合となった。

 サウサンプトンの吉田麻也は先発フル出場を果たしたが、3つのゴールを許して1-3で敗戦。一方、ニューカッスルの武藤嘉紀は、ベンチスタートで最後まで出番を与えられなかった。武藤は3試合連続で出番がなく、大きな壁にぶち当たっている。

サウサンプトン戦でも武藤嘉紀に出番はなかった プレミア在籍7季目の吉田と、今季からイングランドに挑戦している武藤。ふたりは試合後、選手通路口で言葉を交わした。その際、武藤は吉田からアドバイスを受けたという。

「(吉田)麻也くんと話しました。今シーズンの残り3試合はあきらめるというわけではないですけど、『とにかく落ち着いて来季を見据えろ』と。ここで最後ガムシャラにやるというよりも、落ち着いてしっかりとフォーカスすること。そして、来季からスタートダッシュで行くしかない。

 今シーズンは忘れるじゃないですけど、やっぱり麻也君も試合に出られない時期を経験し、最終的に自分でポジションを勝ち取っている人だから。初めての年で僕に気を遣ってくれているのかわからないですけど、『悪い気持ちを溜めるな』と言われました」

 振り返ると、今シーズンの武藤は、イレギュラーなシーズンを過ごした。

 昨年7月下旬にニューカッスルへの入団が決まったが、英労働ビザを取得するためにイギリスをいったん離れた。チームに再合流できたのは開幕戦の4日前。この時点で、ポジションを争うライバルたちに後れをとった。

 当たりの激しいイングランドのプレースタイルに慣れてきた秋口に、レギュラーの座を一度は掴んだ。ところが、11月上旬にふくらはぎを負傷。そして、ケガが癒えて身体もフィットし始めた1月からは、アジアカップへの参加でチームを約1カ月離れた。

 この間、ニューカッスルは3-4-2-1の戦い方に磨きをかけ、上昇気流に乗った。武藤が戻ってきた2月にはすでに先発メンバーが固定され、彼のポジションがなくなっていた格好だ。