2019.04.21

遠藤航は代表のキャプテン就任に意欲的
「常にやりたいと思ってます」

  • 菊池康平●文・写真 text&photo by Kikuchi kohei

★遠藤航(後編)

前編はこちら>>

 シント・トロイデンには、浦和レッズでチームメイトだった関根貴大も含め日本人選手が5人在籍している()。日本人が多いことの良し悪しは当然あるだろう。

※遠藤、関根のほかに、冨安健洋、鎌田大地、木下康介が在籍

「やはり海外では、知っている人がいるというのは大きいですよね。英語をなかなか覚えないというデメリットはあるものの、言葉が通じる選手がいることはすごく大きいです。

シント・トロイデンでもリーダー的な役割を果たしている遠藤航

 アフリカ出身の選手たちはフランス語をお互いにしゃべれるので、いつも一緒にいますよね。海外に来て日本人が多くいることは、僕にとって入りとしてはすごく良かったです」

 そんな日本人選手の成長をチームや日本代表で間近で接してきて、どう感じているのだろうか。

「(鎌田)大地もフランクフルトで試合に出られなかったり、色々難しい思いをしてシント・トロイデンに来たと思うので、彼なりに覚悟はあったと思います。移籍してきて最初の試合でしっかり点を取れて、そこから波に乗っていけたのはストライカーとしてはすごく大事なことで、その覚悟が結果につながったのかもしれないですね。

 やはりサッカー選手は、練習も大事ですけれど、試合に出て経験を積み上げていくことによって一番の成長があると思っているので、大地も今シーズンはコンスタントに試合に出られていること自体が彼にとってはプラスだと思います。

 もともとはずっと(サガン)鳥栖で試合に出ていて、海外に行った選手なんで、1回挫折してもまだ若いし、ここからまたしっかり試合に出てやっていけば、もっともっと成長すると思います。冨安(健洋)も半年間試合に出られない時期がありましたけど、彼も同じだと思います」