2019.04.09

大迫勇也の忘れられない週末。
第二子誕生&2カ月ぶり復帰で終始笑顔

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 2019年に入って初めてブンデスリーガの試合に出場した大迫勇也(ブレーメン)は、これまで見たことがないくらい、うれしそうな様子だった。試合後、ニコニコと笑顔で「お久しぶりです」と自ら切り出した。ミックスゾーンでの取材自体を避けることもある大迫だけに、一瞬、虚を突かれたほどだ。

 公式戦出場もアジアカップの決勝以来となる2カ月強ぶり。大迫がこれだけ長期間、欠場すること自体、久しぶりだ。

「そうですね。リハビリ期間が長かったので。まだまだ100パーセントじゃないですし、今日も予想外の展開で試合に出る感じになりましたけど、要所、要所でしっかりとプレーしようと考えていました」
 
ボルシアMG戦の後半52分から出場した大迫勇也(ブレーメン) ボルシアMG対ブレーメンの一戦は、前半を0-0で折り返していた。ボルシアMGがゴール前に人数をかけて、きっちり守ってくるタイプの守備をするため、ブレーメンはなかなか崩し切れず、ゴールに迫れない。しかも、後半4分にボルシアMGが先制したことで、その守備はより強固になった。リーグ後半戦に入って無敗のブレーメンだが、ついに黒星か、と思われる展開だった。

 大迫はハーフタイムのウォーミングアップで、後半開始早々からでも出場するような練習メニューを行なっている。早い時間での出場がそもそも、想定されているように見えた。

 しかし大迫は、「本当はまだ45分間できる身体じゃないので、(それだけの)練習もまだしていないし、10分、15分ぐらいのイメージでした。ただ、(試合の)内容もよくなかったので、出る感じはありました」と、52分からの出場が想定外だったことを明かした。