2019.04.05

バルサの独自戦略が進化。
「カフェインでパスの正確性を上げる」

  • サイモン・クーパー●文 text by Simon Kuper 森田浩之●訳 translation by Morita Hiroyuki

【サイモン・クーパーのフットボール・オンライン】バルセロナと「未来のフットボール」(3)

(1)から読む>> (2)を読む>>

 FCバルセロナの目標は、ただ勝つことだけではない。医学や栄養学、データ分析、バーチャルリアリティ(VR)など、さまざまな分野の研究を通じて、フットボールの進化をめざしている。シリーズ第3回は、バルサの移籍戦略の強みと意外な弱み、フットボール選手にはつきもののケガへの対策、そして栄養と睡眠というアスリートにとって基本中の基本ともいえる分野で進行中のイノベーションを探る。

ベンチでくつろいだ表情を見せるリオネル・メッシ(左)とジェラール・ピケ photo by AFP/AFLO【移籍】

 バルセロナはどのように選手を獲得しているのか。監督のエルネスト・バルデルデは言う。

「選手のデータを細かく検討したうえで、ようやく獲得に乗り出すクラブがあることは知っているが、私はそれだけでいいのかと思っている。もちろん、関心のある選手のデータは見ている。例えばクレマン・ラングレ(昨年夏にセビージャから3500万ユーロ<約43億8000万円>で移籍したDF)を獲得しようと思ったら、彼のスピードやボール奪取の回数、防いだ攻撃などのデータを見る」

 けれども──と、バルデルデは言う。バルサでは選手のメンタリティーについて周囲の人々に聞いて回るのだという。「いくらデータが優れていても、(精神的に)もろかったらどうしようもない」

 バルサが選手を獲得するのは簡単だと思うかもしれない。有名クラブであり、地球上のどのスポーツクラブよりも高い給料を払うのだから。スポーツ・インテリジェンス社によれば、バルサのトップチーム選手の平均年俸は、昨年の数字で1220万ユーロ(約15億3000万円)。レアル・マドリードがかなり差のある2位で、3位はNBAのオクラホマシティ・サンダーだった。