2018.11.07

名前が挙がるグティ、コンテ…
レアル監督にソラーリ昇格の可能性も

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki photo by Getty Images

 クラシコで5-1と大敗したレアル・マドリードでは、批判の集中砲火を浴びたフレン・ロペテギ監督が解任され、サンティアゴ・ソラーリ暫定監督が誕生した。

 ソラーリは、スペイン国王杯で3部のメリージャと戦って0-4の勝利で初陣を飾った。3連敗中だった国内リーグでも、バジャドリードを2-0で撃破。2連勝のスタートは、おおむね肯定的評価を受けている。

レアル・マドリードの暫定監督として指揮を執るサンティアゴ・ソラーリ では、ソラーリは欧州王者レアル・マドリードの指揮官としてふさわしいのか。

 ソラーリは2000年から5シーズン、レアル・マドリードの選手としてプレーしている。左利きのポリバレントな選手で、ゴールキーパー、センターバック以外はどのポジションもこなした。ロナウド、ジネディーヌ・ジダン、ロベルト・カルロス、デイビッド・ベッカムなどスター選手の陰で、チームのために献身的に働いた。

 引退後は指導者に転身し、2013年からレアル・マドリードの下部組織でジュニアユース、ユース、そしてカスティージャ(レアル・マドリードのBチーム)を、5シーズン半にわたって率いてきた。選手時代の経験をもとに、指導者としてのキャリアも積み上げている。ただ、トップチームを率いたことはない。チームは常勝を義務づけられ、スター選手をマネジメントせねばならず、骨の折れる仕事だろう。

 緊急で抜擢されたソラーリは、ロペテギ時代の戦いを基本にして戦っている。システムも、メンツもほとんど同じだ。

「デリケートな時期だけに、規律や秩序、さらに競争するスピリットを、まずは求めている」