2018.09.06

マンCを買収した資産100兆円の
アブダビ王族。その裏にある国家戦略

  • ジェームス・モンターギュ●取材・文 text by James Montague 井川洋一●訳 translation by Yoichi Igawa

フットボール・オーナーズファイル(4)
シェイク・マンスール/マンチェスター・シティ

(前回の記事はこちら>>)

昨シーズンのプレミアリーグを制したマンチェスター・シティ photo by Getty Images 2003年のロマン・アブラモビッチによるチェルシーの買収は、世界中の新世代の「ビリオネア」(10億ドル以上を持つ資産家)たちが英国フットボール界に進出するきっかけを作った。そして2008年には、初の「トリリオネア」(1兆ドル以上を持つ資産家)ファミリーがプレミアリーグのクラブを手にした。

 マンチェスター・シティの現オーナー、シェイク・マンスール・ビン・ザーイド・アル・ナヒヤーンの「ナヒヤーン家」だ。アラブ首長国連邦(UAE)の最大の首長国であるアブダビを統治する王族は、100兆円を超える資産を保持していると言われている。

 2007年7月からシティを所有していたタクシン・チナワット(タイの元首相)は、2006年に起こった軍のクーデターにより祖国で失脚。2008年7月には財産を凍結され、クラブを売りに出していた。そこでシェイク・マンスールが迅速に動き、投資会社アブダビ・ユナイテッド・グループ(ADUG)を設立して買収に動いたのだ。

 ADUGは推定2億1000万ポンド(約402億2000万円※当時のレートで計算。以下同)でシティを買収し、シェイク・マンスールがクラブのオーナーに。当初はドバイ出身のADUGのスポークスマン、スレイマン・アル・ファヒムが表に出てきたが、この動きを好意的に受け止める人は少なかった。不動産業界でのし上がった当時30代前半のアル・ファヒムは、現アメリカ大統領のドナルド・トランプさながらの”傍若無人”な人柄で知られていたからだ。

 アル・ファヒムは、翌2009年にポーツマスを数週間だけ所有して混乱を引き起こし、今年にはその資金の一部を妻から盗んだとして告発されている。シティ買収直後に「クリスティアーノ・ロナウド(当時マンチェスター・ユナイテッド)を獲る」とまで豪語していたが、彼はすぐに職を解かれ、理知的なカルドゥーン・アル・ムバラクが会長に就任した。

 ロナウドの加入こそ実現しなかったが、シティの移籍市場での”大盤振る舞い”はここから始まった。買収が完了した数時間後に3200万ポンド(約61億3000万円)でロビーニョを獲得してから、今年1月の移籍市場までに彼らが費やした総額はゆうに10億ポンドを超える。2011年、シティは英国フットボール市場最高額となる1億9700万ポンド(約251億6000万円)の移籍赤字を記録している。