2018.06.30

自虐キャラになったレバンドフスキ。
吉田麻也も「怖さはなかった」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki スエイシナオヨシ●写真 photo by Sueishi Naoyoshi

「レバンドフスキに気をつけろ!」

 ロシアW杯開幕前、日本ではポーランド戦に向けて、ひたすらそのフレーズが繰り返されていた。

 バイエルンに所属するロベルト・レバンドフスキは、大柄な体躯を生かした抜群のキープ力と卓越したボールコントロール、それにシュートの強靭さと精度で「世界屈指のストライカー」として名を鳴らす。昨シーズンは、3度目となるブンデスリーガ得点王にも輝いている。現在、クリスティアーノ・ロナウドの次に位置するストライカーかもしれない。

 しかしながら、日本戦のピッチに立ったレバンドフスキは別人に近かった。

柴崎岳のチェックを受けるロベルト・レバンドフスキ(ポーランド)「ポーランド国民に勝利で喜びを与える必要があった」

 アダム・ナバウカ監督は、日本戦後にそう語っている。ロシアW杯でポーランドはセネガル、コロンビアに連敗し、早々に"終戦"。FIFAランキング8位のチームとして、意地だけは見せたかった。

「日本との3戦目は、我々が最後まで戦い抜くチームであることを証明するために、とても重要になった。2試合を終えた段階で、チームは厳しい批判を浴びている。しかしそれによって、チームの士気は非常に高かった」

 ナバウカ監督は、一丸となってつかんだ勝利だったことを強調している。しかし一方、選手たちは失意の表情を浮かべていた。

「我々はこの大会で最悪のチームのひとつだった」

 モナコでプレーするDFのカミル・グリクは、そう証言している。