2017.08.27

香川真司、CLと代表戦を大いに語る。
「勝ってW杯に行くのが運命」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Getty Images

 プレシーズンでは苦戦していたドルトムントが、ブンデスリーガが始まって2連勝。この時点で断言するのは難しいが、うまくいっているチーム特有の雰囲気のよさが感じられる。昨季は勝っていようが負けていようが、どこかでピリピリとしたムードがあったが、ピーター・ボス監督のもとで心機一転、順調に滑り出している。

 左肩脱臼の状態が不安視されていた香川真司も、開幕戦のヴォルフスブルク戦で86分から出場したのに続き、8月26日のヘルタ・ベルリン戦では63分からピッチに入った。「段階を踏まえて出場時間を伸ばしたいという監督のプランを尊重しながらやっている」と言うように、はやる気持ちを抑え、すぐに先発とはいかない事情を理解して、練習量も段階的に増やしているのだという。

今季ホーム初戦、ヘルタ・ベルリン戦の63分から出場した香川真司 ヘルタ戦ではこれまでの左FWではなく、先発のマリオ・ゲッツェに代わって、4-3-3の中盤の3枚のうちの1枚、いわゆるインサイドハーフでの途中出場だった。まずはこのポジションでのスタメン奪取が現実的な目標となる。

「試合にスタメンから出たときにもっとやれるイメージは持っているし、その自信はすごく感じています。あのポジション、あの状況で、最初から出ていたらもっとやれると思います」