2017.06.09

代表離脱の香川真司。ドルトムント
「知日派」新監督で立場は好転するか

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko photo by Etsuo Hara/Getty Images

 これまで香川が結果を残してきたのは、ユルゲン・クロップ、アレックス・ファーガソンという、香川を評価してチームの軸に据えてきた監督と仕事をしたときだ。逆にデイビッド・モイーズやルイス・ファン・ハールのもとではそもそも構想外で、そこから這い上がることはできなかった。

 チームのカラーをクロップ色から一新したかったトゥヘルのもとでは、やはり苦戦を強いられた。ボス新監督はどのような構想を持っているのか。それは香川の選択をも大きく左右することになるだろう。

 チームの始動までは1カ月ある。代表離脱は本意ではないだろうが、休み、考え、準備をする時間はたっぷりある。


■海外サッカー 記事一覧>>

関連記事