2016.06.12

ユーロならではのB級好試合。大舞台初登場のアルバニアが大健闘

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA

この試合唯一の得点となった、シェア(スイス)の先制ゴール 勝利したスイスが、思わず心配になる試合だった。

 アルバニアの主将ロリク・カナに2枚目のイエローカードが出たのは前半36分。早々に11対10での戦いになったにもかかわらず、結果は1‐0。決勝ゴールが決まったのは前半5分の出来事なので、スイスは相手が10人になってから1点も奪えなかったことになる。

 その唯一のゴールにしても、アルバニアGKエトリト・ベリシャの飛び出しミスによるもの。スイスを褒める気にはなれない。むしろ10人で戦うことになったアルバニアの健闘が光った試合。

 スイスは欧州の中堅国だ。ここ10年、15年の間に急成長を遂げ、もはや本大会の常連国と言っていい。対するアルバニアは、本大会出場はW杯を含めてこれが初。前述のGKの飛び出しミスにしても、主将の退場劇にしても、原因は初出場にある。経験不足で浮き足立ってしまったことによる不幸と言うべきもの。そこにスイスは救われた。

 だが、試合は面白かった。A級ではないがB級のエンターテインメントとしては上々だった。