2016.04.26

優勝に王手。岡崎慎司は
「オールド・トラフォード」で英雄になる

  • 田嶋コウスケ●取材・文 text by Tajima Kosuke  photo by Getty Images

 4月24日のスウォンジー・シティ戦に快勝したレスター・シティが、プレミアリーグ優勝にまた一歩近づいた。しかも、翌25日に行なわれたWBAとの一戦で、2位のトッテナム・ホットスパーが1−1の引き分け。両者の勝ち点差は「7」に広がり、次節のマンチェスター・ユナイテッド戦で勝ち点3を挙げると、レスターの優勝が決まる。「奇跡の栄冠」が、いよいよ目前に迫った。

ウジョア(左)のゴールをともに喜び合う岡崎慎司 しかしスウォンジー戦は、不安を抱えながら臨んだ。理由は、FWジェイミー・バーディーの出場停止。今季リーグ戦で22ゴールを叩き出しているバーディーの穴を、いかにして埋めるか――。ここが、レスターに課せられた最大のテーマだった。ところが、この日の彼らはエースの不在を微塵も感じさせない堂々たるプレーを披露し、今季チーム最多タイとなる4ゴールを叩き出して大勝した。

 バーディーのいないレスターは、いったいどう変わるのか? 世界中が注目するなか、クラウディオ・ラニエリ監督が示した答えは、レオナルド・ウジョアと岡崎慎司を2トップに据えた4−4−2だった。これまでの陣形を崩すことなく、バーディーの代役にウジョアを投入する。さらに、左サイドMFのレギュラーであるマーク・オルブライトンを代え、スピード突破に長けるジェフリー・シュラップを配してきた。

 こうしたバーディー不在時の対応策について、「基本的に、特別な指示はありませんでした」と岡崎は明かす。そのうえで、15試合連続出場を果たした彼自身のプレーについても、あえて「今のスタイルを貫いた」という。