2015.12.11

ユーロ抽選会に姿なし。オランダ代表は過去40年で最悪のドン底

  • サイモン・クーパー●文 text by Simon Kuper  森田浩之●訳 translation by Morita Hiroyuki

【サイモン・クーパーのフットボール・オンライン】オランダの凋落(前編)

 オランダ代表の監督を務めた最後の外国人は、オーストリア人のエルンスト・ハッペルだ。10代のときにナチス・ドイツの兵士としてロシアの前線に送られたハッペルは、60年代にオランダのクラブで監督になった。オランダ語はほとんど勉強しなかったが、言葉ができないことは大きな問題ではなかった。ハッペルはもともと口数が少なかったし、話をするよりタバコを吸うほうが好きだった。

 オランダではよく知られている話だが、ハッペルは代表チームの練習でゴールのクロスバーに瓶を立て、離れた場所からボールを蹴り、その瓶に見事に当てては選手たちの尊敬をかち取っていた。たいていの時間、彼はコニャックを飲み、トランプをしていた。

 1978年、ハッペルはオランダをワールドカップ決勝にまで導いた。彼は1992年に死去した(驚くことではないが、肺がんだった)。しかし今、ハッペルの生まれ変わりを探すべきときかもしれない。

ユーロ予選最終戦でチェコに敗れたオランダのファン・ペルシー(photo by Getty Images) 僕は子どもの頃にオランダに住んで以来、40年近くにわたってオランダ代表をサポートしてきたが、今ほどひどい状況を見たことがない。12月12日には来年フランスで開かれるUEFA欧州選手権(ユーロ2016)の組み合わせ抽選会がパリで行なわれるが、そこにオランダの姿はない。予選でさほど強国とはいえない相手に屈辱的な敗北を重ね、32年ぶりに本大会に出場できなかった。