2012.10.09

【イングランド】香川真司に厳しい現実。「本当はスタメン予定ではなかった」

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • photo by GettyImages

 香川の読み通りにこの試合はベンチスタートの予定だったのなら、2試合連続で先発から外れていたことになる。厳しい現実が突きつけられつつある。

 香川はこれまで出場した全ての試合で2列目中央でプレイしていた。ファン・ペルシーもしくはルーニーとコンビを組んできた。ただ、マンUのメンバーはトップ下を置くシステムに慣れておらず、その中で香川はフレキシブルに動けなかった。香川のトップ下は機能しているとは言いがたく、ボランチからの配球も少ない。焦れて引いて、前線でチャンスに加われないことも多かった。可能性を感じさせたのは、トットナム戦で見せた、香川が左に張り、ファン・ペルシーとルーニーが中でコンビを組む形だろうか。ルーニーが途中出場で短い時間ではあったが、ボールを受けてから仕掛ける形も作れていた。

 一方、いくら急造とはいえ、この日のニューカッスル戦の右の印象は良くない。

「早い時間帯に2点、とんとんと入ったから、結構余裕なのかなと思ったんですけど……。それ以降は2点リードしたことで、チームとしてはラインを低くして、守備を重点的にやっていたから、効果的なプレイはあまり……。守備においては難しさもあったので、そういうゲームだったかなと思います」

 香川自身も、プレッシャーがない中でトラップミスからボールを奪われ、追いかけるような珍しいミスも多発した。また右SBのラファエルが攻撃的なため、中盤でのプレイに加われず、その上がりを見つめるような場面もあった。

「ボールとってもおさまならなかったし、ラインが低い分、押し上げる時間もなかったですし、前線でボールをキープできなかったというか、そういう意味では良さを出せなかったかな、と」