2012.06.04

【EURO】スペイン代表は「ほぼバルサ」。
タレントぞろいの各国ミッドフィルダーたち

  • photo by Getty Images

ユーロ大会前のトレーニング合宿中のスペイン代表チーム
福田正博が語るユーロ2012~MF編

 サイドアタッカーも含めた中盤については、今大会もやはりスペイン代表が注目だろう。シャビ、イニエスタ、ブスケッツというバルセロナのメンバーが中心になっているので、バルセロナのスタイルに近いサッカーが展開されるのだと思う。

 以前、オシムさんが言っていたように、自国リーグの特定のクラブをベースに代表チームをつくれているということなので、コンビネーションについて不安が少ないという利点は計り知れない。

 そのバルサのサッカーをベースにしつつ、そこにレアル・マドリードのシャビ・アロンソや、マンチェスター・シティのシルバ、チェルシーのマタが加わってくる中盤を見ると、錚々たるメンバーとはこのことだと言いたくなる顔ぶれ。

 また、今回は招集されていないが、スペインには、ムニアインらアスレティック・ビルバオの若手もいるので、彼らが成長してメンバー入りしてきたときも楽しみだ。

 もうひとつの優勝候補であるドイツ代表の中盤は、実は出場国のなかでいちばん充実しているのではないかと思っている。DFラインと同様、シュバインシュタイガー、ミュラーらバイエルンの選手を中心に、ベテランと若手のバランスもとれており、磐石といえる。