2012.05.08

【ドイツ】ブンデスリーガ総括~活躍がめざましかった3人の日本人

  • 了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
  • 木場健蔵●写真 photo by Koba Kenzo

フライブルク戦終了後、マイスターシャーレを掲げる香川とドルトムントの選手たち  ブンデスリーガの全日程が終了した。第32節にドルトムントの優勝が決まったこともあり、上位陣にとって、最後の2節はやや気が抜けた感は否めなかった。それでも残留争いは最後までもつれ、ドイツメディアの関心もそちらに注がれた。

 最終節に16位ケルンと17位ヘルタ・ベルリンが入れ替わり、古豪ケルンが自動降格してしまうという波乱もあった。もっともケルンはスポーツディレクターをつとめたフィンケがシーズン途中で去り、監督解任劇もあるなど、お家騒動的な見苦しい状態が続いており、メディアの視線も厳しいものがあった。ポドルスキーのアーセナル移籍も決定しており、来季はガラっとカラーの変わった戦いを見せてくれるだろう。

 さて、今季ブンデスリーガで活躍した日本の3選手についてまとめておきたい。
 
 まず、もっとも成長を見せたのは後半戦からシュツットガルトに新加入した酒井高徳で間違いない。コートジボワール代表のボカがアフリカネーションズカップで欠けたことから、1月中にチャンスがまわってくるかと思われたが、この時は指揮官のおメガネに叶わなかった。だが、2月11日の第21節ヘルタ戦に左サイドバックで先発出場すると、最終節まで連続フル出場を果たした。

 これまでの日本人選手に比べ、圧倒的なチームへの適応力、コミュニケーション能力を見せ、ごく自然にプレイしている。まるで昔からこのチームにいた選手かのように、味方を叱咤、鼓舞し、スタッフや選手とともに喜びをぶつけ合う。同僚の岡崎慎司は「日本でのプレイはあまりよく知らなかったけど、こっちでは本当によくやっている。周りの選手だって、サイドバックがやりやすいようにと考えてプレイしているわけではないのに、その中で、攻撃の際のストロングポイントも本当によく出している。もしかしたらこっちのほうが向いているタイプなのかもしれない」と、感心しきりだ。 

 ミックスゾーンでの取材対応も礼儀正しく、物言いもハキハキしていて分かりやすく、ピッチ内外で高い評価を得ている。最終節ボルフスブルク戦でも2アシストと、逆転勝利に貢献した。