2022.08.06

負けない浦和レッズに上位は見えてきたか。ゴールシーンでは個々のサッカーIQががっちりかみ合っている

  • 篠 幸彦●文 text by Shino Yukihiko
  • 西村知己●イラスト illustration by Nishimura Tomoki

サッカーIQラボ 〜勝負を決めるワンプレー~

Question
DFラインでボールを持った岩波拓也は、次の瞬間どんなプレーを選択したか?

 Jリーグ第23節、浦和レッズ対川崎フロンターレが行なわれ、ホームの浦和が3-1で勝利を収めた。浦和は今季初の3連勝を達成。一方、川崎は7月を1勝2敗と負け越し、新型コロナウイルス陽性者が出たことも重なって厳しい状況に追い込まれている。

 前半開始から、ホームの浦和が優勢に押し込んでいた。そして前半4分、ダヴィド・モーベルグのクロスを伊藤敦樹があわせて先制点。続く17分には松尾佑介が加点し、浦和は早々に2点のリードを奪った。

 後半に入って川崎は家長昭博のPKで1点を返すが、浦和は後半40分に岩尾憲が3点目を決めて、3-1で浦和の快勝となった。

 今回は、浦和の2点目のシーンをピックアップする。

 前半17分、浦和が自陣リスタートから後方でボールをつなぎ、センターバック(CB)の岩波拓也の下へ。

DFラインでボールを持った岩波は、次にどんなプレーを選択したかDFラインでボールを持った岩波は、次にどんなプレーを選択したか この記事に関連する写真を見る  岩波がボールを持ってルックアップすると、前線が動き出した。

 次の瞬間、岩波はなにを選択して川崎を崩したか、というのがQuestionである。