2022.06.08

かつてJリーグにいた「浪速の黒豹」パトリック・エムボマ。今でも記憶に残っている日本人選手とは?

  • 篠 幸彦●取材・文 text by Shino Yukihiko
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

「大阪を選んだのは重要だった」

 5月26日、「パリ・サンジェルマン・ジャパンツアー2022」の記者会見が行なわれ、川崎フロンターレ、浦和レッズ、ガンバ大阪との親善試合を7月に開催することを発表。同記者会見に登壇するため、クラブレジェンドとしてガンバ大阪や東京ヴェルディなどで活躍したパトリック・エムボマが来日した。

エムボマが来日。Jリーグでの思い出を語ってくれたエムボマが来日。Jリーグでの思い出を語ってくれた この記事に関連する写真を見る  エムボマと言えば、かつてガンバで"浪速の黒豹"の異名をとり、センセーショナルなプレーによって日本のサッカーファンを大いに沸かせた。その後、東京ヴェルディやヴィッセル神戸などでも活躍したストライカーは、現在、フランスで解説者として活躍している。そんな懐かしのレジェンドに単独で話を聞く機会をもらった。

「今のパリ・サンジェルマンにはキリアン・エムバペ(フランス)、リオネル・メッシ(アルゼンチン)、ネイマール(ブラジル)など、皆さんご存知のスター選手たちが、きら星の如く揃っています。とくにエムバペはここ数年、成長が著しく、チームを優勝に導く存在になっています」

 今回のジャパンツアーの見どころを聞くと、つい先日、パリSGとの契約延長が世界的なニュースとして報じられた、エムバペのプレーがそのひとつだと語った。今季も28得点で4季連続のリーグ得点王となり、リーグ優勝の原動力となった。

 23歳の若きエースには、バロンドール受賞の期待もある。パリSGでその栄誉を得る可能性をどう感じているのだろうか。

「彼が今後どうなるかはわかりません。しかし、パリSGで活躍することでバロンドールを受賞するチャンスは何度もあるでしょう。非常に楽しみにしています」

 パリSGはエムバペをはじめ、新銀河系軍団とも言えるスター軍団を擁し、いまや欧州屈指のビッグクラブ。そんなパリSGにエムボマも1990年から97年まで所属していた。ただ、レンタル移籍を重ね、思うように出場機会を得られなかった末、新天地に選んだのがガンバ大阪だった。

「大阪という地を選んだことはとても重要でした。なぜなら美味しいうどんが食べられたからです(笑)」

 日本食を愛したエムボマだが、当時、はじめての他国でのプレー、しかも文化圏のまったく異なる日本でのプレーに戸惑いや不安はなかったのだろうか。