2022.02.14

加地亮のJ1順位予想&全チームレビュー。2022シーズンの過密日程を駆け抜けるチームは?

  • 篠幸彦●取材・文 text by Shino Yukihiko
  • photo by Getty Images

Jリーグ2022開幕特集

2月18日に開幕するJリーグ。スポルティーバでは、今シーズンも解説者、識者らによるJ1の順位予想を掲載する。今回は、かつてFC東京やガンバ大阪などで活躍した元日本代表サイドバックの加地亮さんに、各チームの評価を聞いた。

◆ ◆ ◆

昨季できたベース+新監督で、鹿島アントラーズは躍進するか!?昨季できたベース+新監督で、鹿島アントラーズは躍進するか!? この記事に関連する写真を見る <加地亮のJ1順位予想>

1位 鹿島アントラーズ 
2位 川崎フロンターレ 
3位 名古屋グランパス 
4位 FC東京 
5位 セレッソ大阪 
6位 横浜F・マリノス 
7位 浦和レッズ 
8位 ヴィッセル神戸 
9位 ガンバ大阪 
10位 アビスパ福岡 
11位 北海道コンサドーレ札幌 
12位 サガン鳥栖 
13位 清水エスパルス 
14位 湘南ベルマーレ 
15位 サンフレッチェ広島 
16位 ジュビロ磐田 
17位 柏レイソル 
18位 京都サンガF.C.

【堅守の鹿島が戻ってくる期待】

 レネ・ヴァイラー新監督が就任したばかりでやや不安はあるが、それ以上に今の鹿島アントラーズは色がはっきりと形としてできているので、そこまで心配ではない。昨季終盤にできあがってきたベースがあり、今季はスタートでつまずくようなことはないだろう。

 昨季の主力が抜けた守備面も、キム・ミンテを補強して、関川郁万も成長著しく、布陣としては盤石。鹿島を知り尽くした岩政大樹がコーチに入ったのも大きい。堅守の鹿島が戻ってくると期待したい。

 川崎フロンターレは、今季も変わらず別格の強さを発揮するとは思うが、ACLによる過密日程の影響で2位予想。目立った補強はチャナティップ、瀬古樹くらいで、大きな戦力の変化はない。強固なベースがある一方で、マンネリ化せずにどう今まで以上の戦いができるか注目したい。

 唯一、不安要素としては前線から中盤にかけて、選手を入れ替えた時にリズムが変わり、歯車が狂う可能性を感じている。過密日程をどう乗りきるかがキーとなりそうだ。

 名古屋グランパスは、長谷川健太新監督になっても堅守というベースは今季も盤石だろう。そのベースを活かしてどう攻撃を構築するか。

 新加入のレオ・シルバや仙頭啓矢は、これまでのサイドの個による突破だけではなく、攻撃に色をつけられる存在になる。長谷川監督は就任1年目から結果を出すイメージがあるので期待できそう。