2021.04.26

J1クラブ別「歴代最高のストライカー」は誰だ?【東日本10チーム編】

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by AFLO

J1クラブ別・歴代最高のストライカーは誰だ?(東日本編)

 言うまでもなく、ゴールはサッカーの醍醐味のひとつだ。ゴールがなければチームの勝利はなく、だからゴールを量産してくれるストライカーは各クラブのサポーターにとって、特別な存在になる。

 1993年に産声をあげたJリーグの歴史を紐解けば、各クラブにはそれぞれ伝説的なストライカーが存在する。そこで、今シーズンのJ1に所属する20クラブを東西に分け、日本人選手に絞って各クラブの歴代最高ストライカーを独断と偏見で選出してみたい。まずは、東日本の10クラブから。

鹿島アントラーズの黄金期を支えた柳沢敦鹿島アントラーズの黄金期を支えた柳沢敦 ★北海道コンサドーレ札幌「都倉賢」

 1998年からJリーグに参戦したコンサドーレ札幌で最も印象深い日本人ストライカーを選ぶとすれば、現在J2のV・ファーレン長崎でプレーする都倉賢だろう。

 川崎フロンターレでプロキャリアをスタートさせた都倉が当時J2だった札幌に加入したのは2014年のこと。すると、加入初年度からゴールを量産し、2016年には19ゴールをマークしてJ1昇格に貢献。内村圭宏とのアタックコンビが冴えわたった。

 在籍5シーズンで記録したゴール数は、外国人選手も含めてチーム歴代最多となる72得点(カップ戦含む)。「和製バロテッリ」と呼ばれる強靭なフィジカルを生かしたプレースタイルで豪快なヘディングシュートと左足キャノン砲でネットを揺らし、コンサドーレサポーターを熱狂させた。

★ベガルタ仙台「赤嶺真吾」

 J2が開幕した1999年から参戦したベガルタ仙台では、リャン・ヨンギ、マルコス、ウイルソンといった外国人選手が歴代得点ランキングの上位を占めるなか、日本人では赤嶺真吾と菅井直樹が多くのゴールを演出した。ただ、菅井はストライカーではないため、ここでは赤嶺を歴代ベストとして選びたい。

 現在、地元のFC琉球でプレーする赤嶺は、2010年夏にFC東京から加入。計5シーズン在籍し、リーグ戦では44ゴールを量産した。