2021.02.26

リカルド監督は言う「未来を見据え、浦和のスタイルを作るのが私の狙い」

  • 佐藤 俊●取材・文 text by Sato Shun
  • photo by Masashi Hara/Getty Images

『特集:Jリーグが好きだっ! 2021』
浦和レッズ
リカルド ロドリゲス監督インタビュー(後編)

 今季から浦和レッズの指揮を執るリカルド ロドリゲス監督(徳島ヴォルティス→)。実は彼に聞きたいことがあった。

 日本代表は2018年ロシアW杯でベスト16入り。現在は2022年カタールW杯に向けてアジア予選を戦っているが、2017年から4年間、日本のサッカーに触れてきリカルド監督から見て、日本代表、さらには日本サッカー自体が進化しているのか、ということである――。

――日本に来て4年、その間、日本サッカーの成長についてはどう見ていますか。

「まず、日本のサッカー、J1のリーグ戦を見ていると、戦術レベルが高いですし、選手の技術も高い。欧州に行って、トップクラブでのプレーを目指す選手たちからは、野心があふれているのが見て取れます。

 では、世界のトップクラスの中に日本が入っているか? というと、まだそこまでのレベルには至っていません。ただ、私が見る限り、着実に成長していることは確かです」

――日本はW杯においてベスト8入りを目指しています。ベスト16の壁を突破するためには、どんなことが必要でしょうか。

「日本人は技術がありますし、努力することを厭わない。そのうえで、W杯の決勝トーナメントでは1回負けたら敗退という厳しい状況にありますから、その中で戦える強い精神力が必要となります。

 さらにベスト8に行くためには、1チャンス、2チャンスしかないところで決め切る決定力。それが求められます。組織力は高いレベルにあるので、ピッチの中のあらゆるエリアを支配しながら、チャンスを決め切ることができれば、ベスト8入りは狙えると思います」

――かつて、浦和にも多くの代表選手がいました。年代別の代表も含めて、チームから代表選手を出していくことも重要だと思うのですが、いかがでしょうか。