2021.02.09

Jリーグのどこへ行ってもハズさない。超優良だった外国人選手ベスト5

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • photo by Takamoto Tokuhara/AFLO

 シーズンオフのJリーグでは、選手の移籍が大きな話題のひとつとなる。しかし、その対象は日本人選手ばかりとは限らない。外国人選手の中にも、Jクラブ間での移籍を選択する選手は当然いる。

 それどころか、外国人選手のほうがある意味でドライに移籍を決断するため、前のシーズンにブレイクした選手があっさりと別クラブへ移ってしまうケースも少なくない。

 海外クラブから新たにやってくる外国人選手の場合、獲得するクラブにとってはよくも悪くも未知の部分が大きいが、すでにJリーグでの実績がある選手であれば、どれだけ活躍できるかがある程度読めることも、そうした動きを後押しするのだろう。

 そこで、Jリーグの歴史をさかのぼり、複数のクラブで活躍した外国人選手、いわば「どこへ行ってもハズさない助っ人」を振り返ってみたい。

 ただし、現在もガンバ大阪でプレーするパトリック(ガンバ大阪、サンフレッチェ広島)の他、過去にはウェズレイ(名古屋グランパス、広島)、エジミウソン(アルビレックス新潟、浦和レッズ)など、2クラブで目立った活躍をした選手は多いが、ここでは「どこへ行っても」という点をより重視し、(主にJ1の)3クラブ以上で活躍した選手に絞ることにする。

 外国人選手というと、やはり活躍が目立つのはFWの選手である。過去に何人もの外国人選手が得点王を獲得しているように、各クラブにとっては最も"助っ人依存度"が高いポジションだと言えるだろう。

 そんななか、まず名前を挙げたいのは2016年のJ1得点王、レアンドロだ。

 2005年に大宮アルディージャで日本でのキャリアをスタートさせたレアンドロは、途中日本を離れた時期もあるが、2020年の東京ヴェルディまで6クラブで通算14シーズンプレーした。