2020.08.09

オルンガのゴール量産を支える
柏のキーマン。大谷秀和のボランチ論

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 松岡健三郎●写真 photo by Matsuoka Kenzaburou

「世界の美女サッカー選手8人」はこちら>>

ボランチで攻守のバランスを取る柏レイソルのキャプテン、大谷秀和 8月8日、日産スタジアム。横浜F・マリノスは、昨季王者の実力を示している。そのプレースピードと連続性は、柏レイソルを完全に凌駕していた。マルコス・ジュニオール、天野純など、ボール技術の高い選手をそろえているだけでなく、コンビネーションが綿密に鍛えられ、前にボールが入った時の迫力は満点だった。

「自分たちがボールをしっかり握って、たくさんのチャンスも作り出せていた。いい試合ができたと思う」(横浜FM/アンジェ・ポステコグルー監督)

 しかしながら王者は、本拠地で1-1と引き分けに持ち込むのが限界だった。昇格組である柏は、いかにして敵地で勝ち点を拾ったのか?

 2020シーズン、柏はJ1でしぶとい戦いを見せている。開幕戦に勝利した後、再開後は3連敗したが、怒涛の4連勝で巻き返した。その勝負強さは、いかにもネルシーニョ監督らしい。

 チームの旗印になっているのは、10ゴールで得点王争いのトップに立つケニア代表FWオルンガだ。

 横浜FM戦も、オルンガは持ち味の身体能力の高さによって、ゴールを強奪している。アバウトに蹴られたロングボールに反応。相手DFがバックパスをしようと空振りをした瞬間だった。背後から猛然と詰め寄り、強さと速さで奪い去る。立ちふさがったディフェンスを大きなストライドでかわし、シュートコースを作ると、右足で叩き込んだ。

<どれだけパンチを打ち込まれて、ダウンしそうになっても、オルンガというカウンター一発で相手をマットに沈み込ませる>

 それが柏の戦いの形と言えるか。

 しかし、それを成立させているのは、MFでキャプテンの大谷秀和(35歳)である。

 再開後、連敗していた時の柏のプレーは壊滅的だったが、大谷が先発に復帰することで、一転して連勝街道に入った。オルンガも3試合無得点だったが、5試合連続得点を記録している。劇的にプレーの質が上がったわけではない。大谷が適切なポジションを取ることによって、守備の乱れが減ったことが、攻撃につながっている。