2020.07.07

不屈のFWワシントン。プロ復帰は
無理と言われても心臓疾患を克服した

  • リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon
  • 利根川晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

あのブラジル人Jリーガーはいま
第7回ワシントン(前編)>>後編を読む

 残念なことに、プレー中に亡くなるサッカー選手は後を絶たない。原因の多くは心臓発作だとされる。

 だが、心臓疾患を抱えていたにもかかわらず、それを克服してピッチに返り咲いた選手がいる。それも、ただサッカーができるようになっただけではない。再びトップレベルの選手として、いや、もしかしたらそれまで以上に優秀な選手となって帰ってきた。

 ワシントン・ステカネロ・セレケイラ。日本の皆さんにはワシントンでおなじみだろう。

 決してあきらめない闘志を持った彼のことを、ブラジルの人々は、「コラソン・ヴァレンチ」――ブレイブハートと呼ぶ。

2005年は東京ヴェルディ、2006、07年は浦和レッズでプレーしたワシントン photo by Yamazoe Toshio かつて私は、浦和の喫茶店で、ワシントンと何時間もいろいろな話をしたことがあった。たまにやって来る日本の子供たちにサインをしながら、彼は、「もし心臓病でなかったら、自分のサッカー人生は違うものになっていただろう」と言った。