2020.02.21

「とにかく強い」横浜F・マリノス。
新戦力がフィットし連動性もUP

  • 浅田真樹●取材・文 text Asada Masaki
  • 山添敏央●撮影 photo by Yamazoe Toshio

 AFCチャンピオンズリーグのグループリーグ第2戦に臨んだ横浜F・マリノスが、シドニーFC(オーストラリア)に4-0と勝利。これで2連勝とし、クラブ史上初となるグループリーグ突破へ大きく前進した。

シドニーFC相手に4-0と快勝した横浜F・マリノス 強い。とにかく強い。

 そのひと言に尽きる、昨季J1王者の戦いぶりだった。

 横浜FMは、序盤からボールを保持して試合を進めるのはもちろんのこと、ボールを奪われても、素早い守備への切り替えでボールを奪い返し、相手にカウンターを許さない。それどころか、ほとんどボールを持つ時間を与えない。とくに前半は、シドニーの選手たちを自陣に閉じ込め、何もさせない時間を長く続けた。

 横浜FMがただ単に攻撃力だけに優れているのなら、つまり、ボールを保持したときのプレーだけに優れているのなら、相手にももっと打つ手があっただろう。

 しかし、この試合の横浜FMが出色だったのは、ボールを失ったあとの切り替えの速さと、ボールを奪い返すときの激しさ。ボールを失った瞬間に、1人目がプレスをかけ、それが外されても2人目、3人目と、次々に青いユニフォームの選手がボールへ襲いかかる様は、シドニーの選手に同情したくなるほどの迫力があった。