2020.02.17

オシムに心酔していた阿部勇樹。
自らの移籍についても「相談した」

  • 佐藤 俊●取材・構成 text by Sato Shun
  • 甲斐啓二郎●撮影 photo by Kai Keijiro

私が語る「日本サッカー、あの事件の真相」第13回
サッカー人生を劇的に変えた運命の出会い~阿部勇樹(2)

 2003年、イビツァ・オシムとその”息子たち”(当時、ジェフユナイテッド市原)は、リーグ戦を勢いよく駆け抜けた。ファーストステージ3位、セカンドステージ2位と、両ステージで優勝争いを演じて、年間総合3位になった。

オシムと出会って「変わった」という阿部勇樹 阿部勇樹にとっては、大きな成長を感じられるシーズンとなった。オシムと出会い、キャプテンを任されたことで、自らを徐々に変えることができたのだ。

「僕はジェフで、運よく17歳から試合に出させてもらって、それからはいつも上の年齢の人たちとプレーしてきた。いつしか、その環境に慣れてしまって、『このくらいやればいいか』って感じでプレーしていたんです。

 そうした状況にあって、自己表現ということを考えると、正直『自分はおとなしいな』と思っていた。(試合中の)指示とかも『自分がこれを言うと間違っているんじゃないか』って思うことがあって、なかなか言えなかったんです」

 性格的におとなしいのもあるが、阿部が自己表現に乏しかったのは、自らのプレーに確固たる自信をつかんでいなかったこともある。だが、キャプテンに指名され、チームの舵取りを任されることになった。試合ではボランチとして、攻守の要としてプレーすることを求められた。

 そんな環境に置かれて、阿部は自らの意思や考えを発信せざるを得なくなった。そのうえで、チームが勝ち、結果を出すことで、自らのプレーにも自信が持てるようになり、これまでは黙々とプレーしていた阿部の声が、練習でも、試合でも、ピッチ上で響き渡るようになった。