2020.02.09

ヴィッセル神戸、ゼロックス杯初優勝。
新戦力躍動も今季の課題が表出

  • 原山裕平●取材・文 text by Harayama Yuhei
  • 藤田真郷●撮影 photo by Fujita Masato

 9人連続失敗というジョークのような流れのなか、ヴィッセル神戸の7人目のキッカー山口蛍は事もなげにボールを蹴り込んだ。

 新シーズンの幕開けを告げるFUJI XEROX SUPER CUPは、攻撃的なチーム同士の対戦とあって激しい打ち合いとなった。

PK戦を制して今季1冠目を獲得したヴィッセル神戸 お互いに3点ずつを奪い合い、90分間では決着がつかず、勝負はPK戦に突入。これをモノにした神戸が勝利を収め(なんと7人ずつが蹴ってPK3−2と、90分の試合よりもロースコアだった!)、この大会の初優勝を飾っている。

 リーグ王者の横浜F・マリノスと対戦した天皇杯覇者の神戸は、元日の決勝戦のスタメン9人が先発に名を連ねた。毎年のように大型補強でストーブリーグを賑わせてきたが、今オフは不気味なほどに静かだった。

 ダビド・ビジャ(引退)、ルーカス・ポドルスキ(アンタルヤスポル)と2枚看板が抜けた一方で、攻撃面での即戦力は清水エスパルスから引き抜いたドウグラスのみ。初のリーグ優勝を目指し、初めてACLに参戦するチームとしてはやや心もとない補強策と思える。