2020.02.03

カズのすごさを福田正博が実感「52歳で現役。同級生とは思えない」

  • text by Tsugane Ichiro
  • photo by AFLO SPORT

横浜FC所属の三浦知良。今年2月で53歳になる福田正博 フットボール原論

■今シーズンのJリーグの大きなトピックのひとつが横浜FCのカズ(三浦知良)が13年ぶりにJ1の舞台で戦うことだ。今回、カズの同級生である元日本代表の福田正博氏に、そのすごさとグアム合宿でのエピソードを語ってもらった。

 昨年に続いて今年も、カズが1月に行なう恒例のグアム合宿に参加してきた。昨年の合宿では、カズはケガをしていたこともあって練習量を落としていたが、今年はしっかり動けていた。ハードなトレーニングを順調にこなし、フィジカルはとてもいい状態にあるように感じた。

 カズは2月26日の誕生日で53歳。学年は私と一緒だ。だからこそ、彼が自らに課しているトレーニングの過酷さを見ると、とても同じ50歳を過ぎたオジサンとは思えなかった。見方を変えれば、その過酷なトレーニングメニューに耐えられなければ、現役を続けられないということ。あれほどの練習を継続していることに、頭の下がる思いだ。

 それができるのも、シンプルに「サッカーが好き」という気持ちを持ち続けているからだろう。年齢を重ねると、この気持ちはしぼんでいってしまうものだが、カズは純粋にサッカーに打ち込んでいる。