2019.09.12

日本サッカー指導者が中国に進出。
「元祖・天才」菊原志郎が語る実情

  • 鈴木智之●取材・文 text by Suzuki Tomoyuki
  • photo by Sportiva

 2018年には、最優秀育成アカデミー倶楽部の1つに広州富力のアカデミーが選ばれ、国内でも認められる存在になった。

広州富力のアカデミーは、中国で強豪の地位を作り上げている(写真は菊原氏提供) 広州富力のアカデミーはU-8からU-16まであり、日本人コーチ14名とそれ以上の中国人コーチや通訳で運営している。菊原のほかにデビッドソン純マーカスや吉武剛、薮田光教などの元Jリーガーが指導者として活動しており、指導は英語で行なわれるが、通訳も多く、言葉の面で困ることはないという。

「クラブからは、アカデミーの一貫指導を求められています。すべてのカテゴリーが同じ哲学、同じシステムのもとにサッカーを展開する、バルセロナのような形です。クラブから『日本人スタッフと中国人スタッフが協力して、広州富力アカデミーのサッカーを構築したい』と言われ、首脳陣と何度も面談をしました」

 菊原は広州富力に加入後、2年間の指導で作り上げたサッカースタイル、選手の成長が評価され、ヘッド・オブ・ユースアカデミー・コーチングに抜擢。「いつか、育成年代で自分の考えを投影できるクラブを作りたい」という夢を持っていた菊原にとって、断る理由のないオファーだった。

「育成年代はおもしろいですよ。ヴェルディのときにラモス(瑠偉)さんや柱谷(哲二)さんのもとで、トップチームのコーチも経験しましたが、大人よりも育成年代の選手のほうが、変化や成長が目に見えてわかりますし、自信を持ってサッカーをするようになったな、表情が良くなったなとか、成長する姿を見ることが自分の喜びなんですよね」

 菊原は2019年9月からアカデミーのヘッドとして、「広州富力のサッカー」を作り上げていくというミッションにチャレンジする。目指すスタイルは、日本サッカーが標榜するものと同じである。