2019.08.02

海外移籍続出。転換期の鹿島にあって、
町田浩樹は変わらぬ強さの象徴

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 Jリーグ屈指の常勝軍団、鹿島アントラーズの周辺が騒がしい。

 7月30日、鹿島は親会社である日本製鉄が保有していた株式72.5%のうち、61.6%がメルカリへ譲渡されることを発表。鹿島の経営権が、日本製鉄からメルカリへ移ることになった。

 古今東西、オーナーが変われば、よくも悪くもクラブはガラッと変わってしまうことが少なくないが、鹿島がどう変わっていくのかは、現段階ではわからない。

 ただ、今回の出来事とは無関係に、鹿島がひとつの転換期に差し掛かっていたことは、間違いないだろう。少なくとも、ピッチ内を見る限り、それは明らかだった。

 かつての鹿島と言えば、主に高卒の有望新人を獲得し、彼らを主力に育て上げることで、チームを強化するのが常道だった。いわば、生え抜き集団。柳沢敦、小笠原満男、中田浩二、本山雅志などが、その例だ。

 しかしながら、近年、そんな強化方法を続けるのが難しくなっていた。なぜなら、若い選手の海外移籍が増えてきたからだ。以前、鹿島のスタッフから、こんな話を聞いたことがある。

「今は(高卒新人が)18歳で入ってきて、2年後にレギュラーになっても、3、4年活躍したら海外へ行ってしまうことがある。こうなると、もう若い選手を育てるだけでは(チームの強化は)間に合わない」

 とくに最近は、その傾向が加速している。

 2013年シーズンを最後に23歳で海を渡ったFW大迫勇也を皮切りに、FWカイオ、MF柴崎岳、DF植田直通、DF昌子源と、次々に20代前半のレギュラーが海外移籍。極めつきは今夏で、FW鈴木優磨、MF安部裕葵、DF安西幸輝と、主力級がまとめて3人もヨーロッパに新天地を求めた(安西は2018年に東京ヴェルディから移籍加入のため、生え抜きではないが)。

 これだけ毎年のように戦力の流出が相次ぐのは、ちょっとした異常事態。優勝争いはおろか、最近のJ1の混戦ぶりを考えれば、J2降格の危機に陥っても不思議ではない。

 ところが、そうは簡単に落ちていかないのが、鹿島が常勝軍団たるゆえんである。近年は他クラブからの移籍によって戦力補強をし、若手の海外流出をうまく穴埋めしている。安西の他、MF永木亮太、MF三竿健斗らが、それにあたる。