2019.07.22

どうしたアビスパ福岡。
J1昇格候補がまさかのJ3降格危機に直面

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki
  • photo by Getty Images

 結果論を承知で言えば、堅守をベースとしたサッカーに限界を感じ、より主体的にゲームを進めるスタイルへと転換を図るとき、チームの成績が大きく低下することは、起こりがちなことではある。今季の福岡に起きているのは、まさにそれだ。現在の苦境は、チームがステップアップするための通過儀礼と言えなくもない。

 だが、この状況で大事なのは、何を最優先の目標とするのか――スタイルの転換なのか、J2残留なのか、である。千葉戦を見ている限り、しっかりとボールをつないで攻撃を組み立てるスタイルへの転換はあきらめたくないが、失点はしたくないので後ろの人数は増やそうとする、何とも中途半端な戦い方に見えた。

 状況が状況だけに迷いが出るのは仕方がない。だが、事態の好転は見られないまま、長いシーズンもすでに折り返し地点を過ぎているのである。

「(何かを変えるより)続けることが大事」

 危機的状況のチームを託された指揮官はそう語るが、悪い流れを変えるには、割り切るべきところは割り切る必要もあるのではないだろうか。

関連記事