2019.06.13

無名→川崎でポジション奪取。
知念慶「技術を買われた選手じゃない」

  • 原田大輔●取材・文 text by Harada Daisuke
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

 出場機会は限られていましたけど、今の自分にやれることを継続していったら、ルヴァンカップや天皇杯でゴールという結果を出すことができた。それもあって、できないことを欲張るのではなく、自分のやれること、やるべきことを前向きに取り組むべきだなって思うことができたんです。

―― そのやるべきところというのは、どこだったんですか?

知念 FWなので得点するのが一番大事なことですけど、それ以外の部分でがんばりすぎていたかなと。身体を張ってボールをキープすることや、前線から守備をすることにがんばりすぎて、体力を奪われてしまっていた。

 そもそも僕、体力があるほうじゃないんですよ(苦笑)。結果的にそうしたプレーに体力を使いすぎて、肝心なゴール前で迫力が欠けてしまっていた。シュート力やゴール前での迫力が自分の持ち味なのに......。そうなると、味方とのコンビネーションも合わなかったり、トラップやパスをミスする回数も増えてしまう。

 経験のある選手がミスをするのと、僕がミスするのとでは、やっぱりその意味合いも変わってきますよね。経験が浅く、途中からピッチに入ってきた僕がミスをすれば、チームメイトも「おい!」ってなるじゃないですか。その力の配分やバランスをどうするかは、だいぶ考えましたし、悩みました。

―― チームとしてやらなければならないことは、最低限やる。一方で、サボるという言葉は適切じゃないかもしれないですけど、サボるところではサボって、勝負すべきゴール前に余力を残す。

知念 周りからも、「うまくサボれ」って言われるんですよね。今シーズンも得点できた試合は、それができていた。たしかに、悠さんや(レアンドロ・)ダミアンを見ていても、どこかで「俺の仕事はゴール前だから」というところがある。

 とくにダミアンは、練習や試合でもうまくサボっていますから(笑)。でも、結局のところ、ゴール前で得点を獲るのはダミアン。そういう姿を見て、やっぱりストライカーはゴール前でパワーを使うべきなんだと意識するようになりました。