2019.03.31

これもイニエスタ効果か。劇的勝利に
貢献した神戸の日本人選手の成長

  • 渡辺達也●文 text by Watanabe Tatsuya photo by KYODO

 日本人選手が試合を決めた。

 Jリーグ第5節、ガンバ大阪対ヴィッセル神戸の関西ダービー。前節、王者・川崎フロンターレを1-0で破ったG大阪と、連勝が止まった神戸の一戦は、激しい打ち合いとなった。

ガンバ大阪戦で決勝ゴールを決めた田中順也に駆け寄るアンドレス・イニエスタらヴィッセル神戸の選手たち 試合開始直後から、G大阪が積極的にプレスをかけ、神戸は思うようにパスがつなげない。G大阪の鋭いショートカウンターを何度も受けることになった。

 試合が動いたのは前半10分。右サイドを小野瀬康介がドリブルで持ち込みクロスを上げる。これに合わせたアデミウソンが難しいボレーを決め、G大阪が先制する。さらに前半24分、アンドレス・イニエスタに入ったボールを菅沼駿哉が奪い、ファン・ウィジョにつないで追加点。一方、なかなかボールをつなげない神戸は、前半終了間際の45分、ルーカス・ポドルスキの見事なボレーシュートで1点を返し、前半を終了する。

 後半に入っても攻撃的な姿勢を見せる両チーム。後半9分、神戸は左サイドからイニエスタのスルーパスをポドルスキが粘ってクロスを挙げると、ダビド・ビジャがヘッドを決め同点に。しかし、G大阪は後半27分、遠藤保仁の技ありのクロスを倉田秋が決めて再びリードする。

 しかし、試合はこのままでは終わらなかった。

 神戸は後半13分にビジャに代えて三田啓貴を、29分には初先発のセルジ・サンペールに代えて田中順也を投入する。すると後半35分、自陣からのポドルスキのロングパスを、古橋亨梧が絶妙なトラップから中に折り返し、田中が決めて同点に。そして後半44分、古橋がイニエスタへのパスをカットされると、そこから奪い返して中央にグラウンダーのパスを送る。これを再び田中が決め、神戸が劇的な逆転勝ちを収めた。