2019.03.05

五輪代表候補・三好康児は
F・マリノスで「水を得た魚」になった

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki photo by Etsuo Hara/Getty Images

 三好は2020年東京五輪を目指すチームの候補選手でもある。日本代表チームと二足のわらじを履く森保一監督は、日本代表では4-2-3-1を採用するものの、五輪代表チームではこれまで3-4-2-1で戦ってきた。三好の適性にピタリとハマるポジションは用意されていないことになる。

 三好や三好タイプの選手を贔屓するわけではないけれど、インサイドハーフという彼らに適した居場所が確保されている4-3-3のチームが、日本に増えることを期待してやまない。横浜FM、神戸だけでは物足りない。日本人の長所がピッチに反映されないと思うのだ。

関連記事